2014年09月12日

タイ国際航空のフライトでANAマイルを貯める

タイ国際航空のフライトで貯まるマイルロイヤルオーキッドプラスだけではありません。

タイ国際航空は、ANAと提携しており、タイ国際航空のフライトでANAマイルを貯めることができるのです!

そこで、タイ国際航空のフライト前にANAのマイレージカードとして、是非、手に入れることをお薦めしたいのがANAアメリカン・エキスプレス・カードです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードをお薦めする理由は4つ

2014年2月16日までにwebから申込み+条件クリアで最大120000マイル相当プレゼントキャンペーンを行っている

②入会特典で貰えるマイル特典が超強力!
・入会でもれなくボーナスマイルとして1000マイル付与

ANAと提携しているタイ国際航空のフライトマイルに期間基本マイレージの10%がボーナスマイルとして付与される特典が魅力

タイ国際航空の日本の発着空港である、成田空港の空港ラウンジがANAアメリカン・エキスプレス・カードを持っていれば本人+同伴者も無料利用可能の特典が魅力

以上、①~④の理由で、タイ国際航空に乗る前に、まだ持っていない方は、ANAアメリカン・エキスプレス・カードを手に入れてしまうことを強くお薦めします!!

ちなみにANAアメリカン・エキスプレス・カードには、海外から24時間通話料無料でホテルやレストラン、病院などの手配を日本語で依頼できる「グローバルホットライン」と呼ばれる電話サービスが付帯しており、大変、便利ですので、カードの機能だけでも年会費以上のお役に立てると自信を持ってお薦めします!

>>ANAアメリカン・エキスプレス・カードの申込みはコチラ

2014年02月05日

ロイヤルオーキッドプラスvisaカード


ロイヤルオーキッドプラスvisaカードは三井墨ともVISAカードで取り扱いをしているタイ国際航空と提携しているカードです。出張や海外旅行にお得になるカードです。一般のカードは年会費が5250円必要ですが、初年度は年会費無料です。

入会資格があり、満18歳以上の人で未成年者の高校生以外の人は、親の同意があれば作ることができます。そしてゴールドカードは年会費は15750円です。入会資格は30歳以上で本人に安定して継続できる収入がある人とされています。ゴールドカード独自による審査がありますので、その審査に通らなければ発行してもらえません。

追加カードとしてETCカードや家族カードも発行可能です。入会時、毎年のカード継続時にはボーナスマイルがプレゼントしてもらえます。最大で2000マイルボーナスマイルがもらえます。100円1マイルとして換算することができますので、飛行機に乗らなくても普段のショッピングなどでもマイルをためることができるメリットがあります。

飛行機に乗っても旅先の買い物でもお得に使えるクレジットカード、それがロイヤルオーキッドプラスvisaカードです。タイ国際航空を利用する人、スターアライアンスに加盟している抵抗航空会社を利用する人に便利なカードです。世界トップクラスの企業と提携しているとても充実したサービスを受けることができます。海外旅行傷害保険もついているので、とても便利です。

ロイヤルオーキッドプラス シルバー


ロイヤルオーキッドのシルバーメンバーは、1年間に1万Qマイル、または2年間に1万5000Qマイルのタイ国際航空、スターアライアンス加盟の航空会社で搭乗する人はシルバーステータスのランクになることができます。入会してから最終搭乗日を基本にして、1年間、2ヶ月にさかのぼりカウントされています。シルバーステータスの更新も同様にしてスタータスを獲得した日から最初の1年間、または翌年の1年間に1万Qマイル、または2年で1万5000Qマイルをタイ国際航空やスターアライアンス加盟の航空会社で搭乗すればシルバーステータスの更新が可能です。

タイ国際航空に搭乗する際の特典として、預ける荷物優先的にハンドリングしてもらえたり、10キロを超える手荷物の無料サービスが受けられます。またスターアライアンス加盟航空会社に乗る際には予約キャンセル待ちや空港での搭乗スタンバイをする際に優先的に受けることができるというメリットがあります。それ以外にも空港のラウンジを利用することができるなどの特典もありますので、タイ国際航空、またはスターアライアンス加盟航空会社をよく利用するという人は、ロイヤルオーキッドのシルバーステータスの申請をしてみるといいかもしれません。お得に搭乗可能です。

ロイヤルオーキッドプラス ゴールド


ロイヤルオーキッドプラス ゴールドはクレジットカードの種類ですが、タイ国際航空が発行しているカードです。タイ国際航空は、バンコクを中心にして各地へ就航しています。ロイヤルオーキッドプラスゴールドはANAも加盟しているスターアライアンスのメンバーでマイルは3年間有効です。成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部、福岡、バンコク経由でアジアやオセアニア、ヨーロッパといった世界61都市へフライとしています。機内サービスも提供があるのが特徴です。ロイヤルオーキッドゴールドメンバーになるためには認定マイルが必要です。入会したその年の12月待つまで、または1年以内にゴールドカードを持つ場合には5万Qマイルまたは国際線40セクターが条件です。また入会月から翌年の12月末まで、または2年間で8万Qマイルなければゴールドメンバーにはなれません。

ゴールドメンバーになれば、タイ国際航空ロイヤルシルクラウンジの利用が無料で、同行者1名まで利用することができます。そして受け取り手荷物の許容量も20キロまで無料、空席待ちのリストを優先など多彩な得点があります。スターアライアンスラウンジの利用もゴールド会員は利用可能ですので、世界970カ国のラウンジを利用することが可能です。

2011年06月03日

スターアライアンスとは

ロイヤルオーキッドプラス JCBカード(一般)は、搭乗したマイルをためて航空券に交換できるタイ国際航空フリークエント・フライヤー・マイレージプログラム「ロイヤルオーキッドプラス(ROP)」とJCBカードがひとつになったカードです!

タイ国際航空でのフライトはもちろん、毎日のショッピングや食事などのカード利用でもマイルが獲得でき、特典航空券・アップグレードなどの充実した特典に近づけます。

タイ国際航空のマイレージプログラム「ロイヤルオーキッドプラス」は、「スターアライアンス」に加盟している航空会社を利用することでもマイルを貯めることができます。
ここでは、タイ国際航空が加盟している「スターアライアンス」について、その特徴をまとめてみました。

「スターアライアンス」とは、1997年5月に発足した世界的な航空会社による提携ネットワークのことをいいます。

現在、29社(議決権:27社、未決定:2社)が加盟、世界181カ国の1,167空港を結ぶ世界最大規模の組織で、年間旅客数は約5億9000万人にも及びます。

ちなみに、タイ国際航空は1997年に加盟しています。

このような航空会社組織には、1998年9月に設立された「ワンワールド」があります。
また、2000年5月に設立された組織として、11社(議決権:9社、無議決権:2社)が加入する「スカイチーム」も知られています。

「スターアライアンス」などの航空会社の提携ネットワークは、搭乗予約や手続きが1回で済ませるほか、乗り継ぎをスムーズにするなどの利便性があります。

また、マイレージサービスを共通化できるため、マイルを貯めるためにも大変ありがたいシステムだといえます。

2011年02月21日

拠点空港

タイ国際航空で拠点となる空港は下記があります。

バンコク国際空港
プーケット国際空港
チェンマイ国際空港
成田国際空港
羽田空港
関西国際空港
中部国際空港
福岡空港

国内の空港に関しては各種クレジットカード会社が空港ラウンジと提携しており、利用することが出来ることが多いです。

ただ、海外の空港ラウンジの網羅となると少し弱いことが多いです。

そのためプライオリティパスに入会しておくことをお勧めします。

プライオリティパスに入会すると、世界各国のラウンジサービスを利用することが出来るようになります。

年会費99ドルかかることが難点ですが、これが楽天プレミアムカードなどの特典で無料で入会できます。

なので、楽天プレミアムカードは年会費10500円でラウンジサービスのほかにも海外旅行保険や楽天ポイントの優遇などもありますので、かなりお得にプライオリティパスに入会出来ることになります。

海外の空港ラウンジを利用したいと考えている方には大変おススメです!

2010年06月08日

タイ国際航空の提携カードとは

タイ国際航空のマイレージプログラムは「ロイヤルオーキッドプラス」と呼ばれています。
「ロイヤルオーキッドプラス」は、タイ国際航空でのフライトをはじめ、提携するホテルやレンタカー利用でマイルを貯めることができます。

タイ国際航空の「ロイヤルオーキッドプラス」には、提携するクレジットカード会社のショッピングマイルなどが積算される特典もあります。

注目されているカードのひとつとして「ロイヤルオーキッドプラス JCBカード(一般)」があります。
このカードは「ロイヤルオーキッドプラス」と「JCB」がひとつになったものです。
代表的な特典として、日常のショッピングなどに利用するとショッピング額100円につき1マイルが獲得できることがあります。

また、タイ国際航空だけでなく、スターアライアンス加盟航空会社を利用することでフライトマイルが加算されます。

さらに、特典航空券との交換やアップグレードなど、「ロイヤルオーキッドプラス JCBカード(一般)」はいろいろな場面で活用することができます。

また、ロイヤルオーキッドプラスJCBゴールドカードは15,750円の年会費がかかりますが、入会ボーナスマイル2000マイルや初回搭乗ボーナスマイルなど特典がたくさんあります。

そのほかのカード会社として、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブなどがあります。

タイ国際航空にたくさん搭乗する方は、ロイヤルオーキッドプラスJCBゴールドカード、そうでない方は、タイ国際航空が提携しているANAやユナイテッド航空系列のマイレージを貯めると色々な航空会社でのマイルをためやすく便利です。

ANAマイレージを貯める場合にはANAJCBカード、ユナイテッド航空マイレージを貯める場合には、マイレージ・プラス・ダイナースクラブカードがおススメです。

それぞれの特徴や特典を比較・検討して有効活用することをお勧めします。

カードの効果的な活用法とは


タイ国際航空のロイヤルオーキッドプラスは、マイレージプログラムのひとつです。
マイレージプログラムとは、航空会社が実施しているポイントプログラムのことで、私たちが日常的に買い物で使うポイントカードと同じようなしくみになっています。

マイレージプログラムを利用するためにはマイレージカードの発行が必要ですが、カードには「クレジット機能なし」と「クレジット機能あり」の2種類があります。
「クレジット機能なし」のカードは、航空機利用時のみのマイル付与ですが、年会費無料ですので、こつこつとマイルを貯める人にはお勧めです。
一方「クレジット機能あり」の場合は、カードのグレードにより年会費も割高になりますが、それ以上のサービスを受けられ、短期間にマイルを貯めることもできます。

また、クレジットカードには、銀行系・信販系・流通系などいろいろな種類があり、提携カードも多くありますので、それらの特徴をよく比較・検討することをお勧めします。

タイ国際航空のロイヤルオーキッドプラスなどを利用する場合、マイルを貯めるいちばんの方法は航空機の利用です。
それ以外にも、提携するホテルやレンタカーなどの利用によって、こつこつマイルを貯めることも可能です。


マイレージプログラムとは

タイ国際航空に関して、マイレージ、あるいはマイレージプログラムということばを何度か使ってきましたが、その意味やしくみについて改めてお話したいと思います。
このサイトに興味のある方は、いまさらと思われるかもしれませんが、おさらいも兼ねて読んでいただけると大変うれしく思います。

マイレージプログラムとは、航空会社が実施しているポイントプログラムのことで、そのもとになるポイントの単位のことをマイルと呼んでいます。

そのしくみは、スーパーや大型電化店などで発行されているポイントカードと基本的には同じだといえるでしょう。
商品購入代金に対して一定の割合でポイントが付与され、貯まったポイントは商品券との引き換えや、商品購入代金に充てるなどの活用方法があります。

マイレージプログラムの場合も、貯まったマイルは無料往復航空券と交換できるなどの特典があります。

特に、クレジット機能付カードはホテル、レンタカー利用のほか、ショッピングや公共料金の口座引落など幅広く利用できます。

タイ国際航空のマイレージプログラムは、ロイヤルオーキッドプラスと呼ばれており、提携する航空会社やホテル、レンタカーなどの利用でもマイルを貯めることができます。

タイ国際航空とは


これまで、タイ国際航空のマイレージプログラム「ロイヤルオーキッドプラス」の特典などをお話してきましたが、ここではタイ国際航空についてまとめてみたいと思います。

タイ国際航空は、アジアの中心的な位置にあり、その恵まれた立地条件から、アジア各国をはじめ、中東、オーストラリア、ヨーロッパ、北米へとルートを拡大しています。
現在、34ヶ国・74都市を結ぶハブ空港として、経済的にも重要な役割を果たすほか、近年の観光ブームの影響で観光目的での利用客が増加、タイ国際航空の需要が伸びています。

タイ国際航空は、国内線であるタイ航空と、スカンジナビア航空の共同出資により、1959年12月に設立、翌年の5月にアジア域内の9都市への運航を開始しました。
日本への乗り入れは、運航開始年に就航したバンコクから羽田便が最初で、2009年11月現在、大阪、名古屋、福岡の4ヶ所からの直行便(コードシェア便除く)週54便を運航しています。

ちなみに、設立当初共同出資していたスカンジナビア航空の所有株は、1977年にタイ政府が買い取っています。

また、1988年には国内線のタイ航空を吸収合併して、タイを代表するナショナルフラッグキャリアとして成長しました。